コラム

電子書籍のメリット・デメリットについて

電子書籍とは

パソコンやスマホでダウンロードして読むことができる書籍のことを、電子書籍と言います。

アマゾンや楽天市場の電子書籍が最も有名ですが、そのほかにも漫画専門の電子書籍もあります。

電子書籍を読むためには専用のアプリをダウンロードするだけなのでとても便利です。

アマゾンの電子書籍なら専用の端末も販売されているね。

アマゾンの電子書籍は端末だと紙の書籍と変わらない目の負担でサクサクと読めるから便利ですね。

電子書籍のメリット・デメリットについて

電子書籍はいつでもどこでも簡単に読めるし、

大量の本を購入しても手元の薄い端末の中にすべて収まるという大きなメリットがあります。

ただし、端末が故障するリスクや容量の上限に達してこれ以上ダウンロードできなくなることがあるという点がデメリットです。

気軽にダウンロードできるのはよいものの、紙の書籍のようにいらなくなったら売ることもできないし、

買ってみたけど面白くなかったときも電子書籍の場合無理にでも読まないとお金をどぶに捨てるような結果になります。

アマゾンの電子書籍の場合、ワンクリックでどんどん購入できてしまうからお金を使いすぎるというリスクもありますよ。

まとめ

電子書籍は手軽で便利だけど、

容量オーバーや端末が故障して今まで買った本が読めなくなるというリスクもあるという点が欠点です。

やはり手になじむ紙の書籍のほうがいいという人もまだまだたくさんいます。

手軽で便利な電子書籍には定額制プランのサービスもあり、自分に合った使いかたを選び、読書を楽しんでみましょう。

-コラム