目的別のオススメ書籍 英語の勉強本

英語の独学に役立つ参考書ベスト3と英語の独学の基本

英語の独学には電子書籍がお勧め

英語だけに限りませんが、独学用の書籍を選ぶなら電子書籍が便利です。

電子書籍は重くて分厚い参考書も薄い端末1つで読むことができるうえ、

何冊でもダウンロードしておいておけるので英語などの独学用の参考書を購入するのにも最適です。

問題集も購入できるので、手元の電子書籍でダウンロードしてノートに回答を書いたり、まとめたりと

独学もはかどります。

もちろんこれは好みの問題なので、紙のほうがいいと思う方は紙の書籍を選んでください。

英語は英語で覚える

英語の勉強を一通り終えた社会人の学びなおしなら、英語は英語で覚えるのが有効です。

小学校の英語の教科書で英語を学ぶことをコンセプトにした参考書はどうでしょうか?

意外と英語では表現がわからない教科書の表現も学びながら、

小学校の勉強の復習ができるという点が魅力的です。

基礎英文法から学ぶリーディング本が便利

英語の長文や英語の本を読めるようになるためには、多くの英文に触れることが基本です。

ですがその前に、英文法やリーディングのための基礎を知っておかなければなりません。

英語リーディングの教科書として人気が高い著者の教科書の中で基礎的な内容になっています。

まずはこの本から文法とリーディングの基礎を学びなおしてみましょう。

英語の原書にチャレンジ!まずは対訳本がおすすめ

英語の原書はいきなりではハードルが高いですが、日本語の訳と対照しながら読める対訳本であれば

英語を理解しながら読み進めることができます。

平易な英語で書かれた対訳本から難易度別に多数出版されていますので、

自分に適したレベルから選んで、できるだけ多く読むようにしてみましょう。

イラスト付きの日英対訳本は知ってる話だととくに理解しやすいし、英語の知識も無理なく増えていくから初心者にもお勧めだよ。

まとめ

英語の独学は英語をたくさん読み、たくさんの英文の解釈の仕方を学ぶことが基本です。

日本人の多くは義務教育で英語を一通り終えているため、基礎的な英文は読める人が多いです。

それでも難解な英文や原書を読むのは苦手だったり、発音やヒアリングはできなかったり、

ましてや英会話なんて無理という人が多いというのが実情です。

英語をきちんと独学で学びなおしたいと思うなら、まずは英語の参考書を1冊読み通してみましょう。

そして英語の問題集を解いたり、英語の本を読んだり、アウトプット学習を繰り返してみましょう。

電子書籍でも英語の本や参考書は購入できます。重くて分厚い参考書も薄い端末1つに収まるので、ぜひ利用してみましょう。

-目的別のオススメ書籍, 英語の勉強本