コラム

読まなくなった本は買取りに出すべき?少しでも高く売るコツを紹介!

読まなくなった本の処分に困っている方の中には、

「捨てるのはもったいないから他の方法で処分したい」

と考えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、読まなくなった本買取りしてもらえるのか、少しでも高く売るためにはどうすればいいのかということについて、詳しく解説していきます。

読まなくなった本の処分方法

読まなくなった本の処分方法には、いくつかの種類があります。

以下、それぞれの方法のメリットやデメリットについて、詳しく解説していきます。

捨てる

まずは、読まなくなった本をまとめて紐で縛り、そのままゴミの日に出すという方法です。

処分方法さえ間違えなければ、確実に持って行ってもらうことができますし、無料で処分できますので、誰でも気軽に行えます。

ただし、自分に知識を授けてくれた本をただ捨てるというのは、どこか罪悪感が残りますよね。

そのような方は、「捨てる」以外の方法で処分することをおすすめします。

誰かに譲る

本には寿命もありませんし、故障もありません。

自分が読まなくなったというだけで、他の方には役立つこともあります。

自分の周りで読書好きの方がいるのであれば、読まなくなった本を譲ってあげましょう。

そうすれば、本を粗末にすることなく処分できますし、譲った相手にも喜んでもらえるようになるのです。

売る

「本をただ捨てるのはもったいないが、譲る相手が見つからない」

という場合は、売却してみましょう。

本を買取りに出すことによって、多少なりともお金を得られるようになりますので、そのお金を使って新しい本を購入できます。

売却した本は、綺麗にメンテナンスされたうえで、再度お店に並びますので、後ろめたさを感じる必要もなくなるのです。

読まなくなった本を少しでも高く売るコツは?

では次に、読まなくなった本を少しでも高く売るためのコツについて、詳しく解説していきます。

丁寧に扱う

ページが破れていたり、汚れていたりすると、買取り価格が大幅に下がってしまったり、買取りができないと言われたりする可能性が高くなります。

読み終わったら売却しよう

と考えているのであれば、ブックカバーをつけるなどして、丁寧に扱うことをおすすめします。

買取りに出す前に汚れをふき取る

買取り金額は、需要と供給のバランスや、本の状態によって決まることが多いです。

需要と供給については、自分ではコントロールできませんが、本の状態については自分の管理次第でどうにでもなります。

買取り前に汚れをサッとふき取るだけで査定金額が上がることもありますので、買取り前のメンテナンスを丁寧に行いましょう。

ただ、濡れたタオルやティッシュなどで拭いてしまうと、逆に本が傷んでしまうことがありますので注意が必要です。

書き込みをしない

本は一度購入したら自分のものですので、自由に書き込みを入れることができます。

書き込みを入れながら読むことによって、内容をスムーズに理解できるようになるでしょう。

ただし、買取りを視野に入れている場合は、書き込みや折り込みを入れないようにしましょう。

先ほども解説したように、買取り金額は本の状態によって左右されます。

書き込みや折り込みを入れてしまっていると、買取り金額が下がったり、買取り不可と言われてしまったりすることもありますので注意が必要です。

読まなくなった本を売る方法は?

では次に、読まなくなった本を売る方法について、詳しく解説していきます。

フリマアプリ

読まなくなった本を気軽に売却したいと考えている方には、フリマアプリがおすすめです。

フリマアプリを使うことによって、すぐに売却できるようになりますし、お店で売るよりも高額で売れる可能性が高くなります。

ただ、フリマアプリを使う場合は、自分で写真を取り、商品説明を記載する必要があります。

また、お客様対応や梱包、発送なども全て自分で行わなければならないため、手間を省きたいと考えている方にはあまりおすすめできません

買取りショップ

本の中古買取りに対応しているお店に持っていくというのも1つの方法です。

お店に持っていく場合、査定依頼をして待つだけで買取り金額が出ますし、その場で現金を受け取ることができますので、

「できるだけ早く現金化したい」

と考えている方にも最適と言えます。

また、一度に大量の本を持ち込むことができますので、読まなくなった本が何十冊もある方は是非活用してみてください。

重い本を持っていくのが面倒な方は宅配買取がおすすめだよ。

本の宅配買取ならネットオフが最も便利です。ネットオフの宅配買取を実際に利用して調べた評判・評価・レビューはこちら

まとめ

読まなくなった本の処分方法には、

・捨てる

・譲る

・売る

という3つの方法があります。

この中で最も生産性があり、お得なのが「売る」という方法です。

読まなくなった本を売ることによって、自分は現金を手に入れられるようになりますし、本は再度お店に並び、誰かの手に渡ることになります。

そのため、後ろめたさを感じることなく処分できるようになるのです。

ネットオフの宅配買取では対象外の専門書、参考書の宅配買取ならBOOK RIVERがおすすめです。意外と幅広い買い取り対象があるのでチェックしてみましょう。BOOK RIVERの詳しい評判・評価・レビュー記事はこちら!

自宅に眠っている本、CD、DVDなどがあれば宅配買取サービスを利用するのが最も便利だよ。

-コラム